この記事を多くの人に読んでもらいたい!!そう思ったら『人気ブログランキング』押してください

しずしずとお運び申し上げなくてはなりませぬ2007年12月06日 00時45分29秒

あきれ返ることが多くて、ブログを書く気力も最近はありません。

……が、さらにあきれる話だったので。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000128-mai-spo
<朝青龍>「つり落とし」は危険…再発防止委でやく氏指摘
12月5日20時21分配信 毎日新聞


詳しい話はわからないのだけど、
もし、「吊り落としは危険だからやめよう」となったら、吊り上げた後、どう決めればいいのでしょう?

吊り上げた時点で”勝ち”にでもするのでしょうか?
それとも、吊り上げたら、しずしずと土俵際まで運んで、よっこらしょと外に下ろして差し上げなければならない。吊り出しでなければいけないのでしょうか?


相撲は、いつから「格闘技」でなくなったのでしょう?

そのうち、”張り手は相手を怪我させる、だから危険だ”とでもなるのでしょうか?

危険じゃない技なんて、吊り出しと押し出し以外ないと思いますが。


>伊勢ノ海委員長は「『抜き上げ』という取り口ではあるが、相手は力を抜いて
>いる状態で、危険であることは確かだ」と語った。

これも、よく考えたらおかしいと思います。
吊られた力士、なんで、力を抜いたのか判りません。

……つまり、この力士、朝青龍につり上げられた時点で”あきらめた”ってことですか?
本来、その方が問題じゃないんですか?

吊り上げられてもあきらめない。吊られた状態でも死に体にならないように努力する。
それが稽古じゃないんですか?

やる気の無い下の者を土俵上で叩きつけた(吊り落とした)のならば、朝青龍は「ほめられ」こそすれ「非難される」いわれはないと思います。

また”稽古だからそこまでする必要はない”という人がいるかもしれませんが、稽古で耐えられない力士が本場所で耐えられるはずはないでしょう。

もっと大怪我するのではないですか?
その時も、「本気で吊り落とした朝青龍が悪い」となるのでしょうか?

つまり「本気で相撲を取るな」ということなのでしょうか?

……なんだろう、相撲、今面白くないので全然見てませんが、さらにつまらなさが加速していく感じですね。

今後も、単なる「お遊戯会」になっていくのでしょうか。

たぶん、事故の流れとしてはこんな流れかな?2007年12月11日 15時02分11秒

バックギア、サイドかけず…動いた自分の車にひかれ?死亡
12月11日12時13分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071211-00000403-yom-soci

ネット記事だけなので、詳しいことは判りませんが、
おそらく記事内容から事故状況を仮定すると次のような流れだったのではないかと思います。

1.ブレーキを踏んでPに入れた”つもり”
2.エンジンかけたまま「Pに入れたからいいや」と、ちょっと降りる
3.ブレーキから足が離れるので、車は当然ゆっくりと後退開始
4.地面に足がついた瞬間、上半身は車と一緒に後方移動、足は地面と一緒に停止状態
5.ドアに上半身が前向きにぶつかり、その場で(後ろ向き)仰向きに転倒
6.そのまま右前輪がカラダに乗り上げ停止。

構造や動作状態から考えると、ありそうなパターンです。

(実際、降りる動作をしてみれば判りますが、上半身は横を向いているように思えますが下半身は明らかに「前を向いて」降ります。)

なので、たぶん「事故」だったのではないでしょうか。
まあ、実際には詳細がわからないので、この仮定もあくまで「想像の産物に過ぎないのですが。

--
それにしても、あわせてネットの意見などを検索すると、「パーキングブレーキはかけなくても良い」という馬鹿げた意見が多いこと。

どうなんでしょう。私は基本的にマニュアル免許なので、
1.右足で通常ブレーキを踏む
2.パーキングレンジ(MTならニュートラル)に入れる
3.左手・左足で「サイドブレーキ(パーキングブレーキ)」を引く・踏む
4.エンジンカット
5.右足をブレーキから離す。

という手順が一連の動作として身についているのですが。


後、寒冷地では「凍結の危険性があるのでサイドブレーキ免除」というのも判りますが、これも「例外的に」ということで、原則は常に「サイドブレーキはかける」ということで徹底していただきたいと思います。

……というか、教習所でもそう教えていなかったですか?

「安全確保」という絶対に守らなければいけない視点が非常にお粗末な運転者が多いというのは、悲しいものです。

事実を見つめて信じることと、信じようと目を瞑ることは違う2007年12月13日 01時05分26秒

少々体調不良のため、相変わらずやる気なし。

ほんっとーに、まったくやる気が起きない。
その上、このバカ騒ぎ。さらにやる気がマイナス方向に突っ走る。

まあ、先週の書士会でのバカ会議ですでに完全に氷点下なんだけどね。

それはともかく。

年金記録 舛添厚労相、開き直り?「ないものはない」
12月12日10時17分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071212-00000006-maip-pol

この記事から始まる、一連の舛添叩き。

実際、見ていて、叩いている連中の底の浅さにむかついている。

表題に書いたとおり、
「事実を見つめて」真意を信じることと、
信じようと「事実に目を瞑ること」は全く違う。

なのに、多くの人が事実を見つめることなく「盲信」する。

「信じていたのに!!」ドラマなんかでよく涙交じりで使われる言葉である。

ちなみに私はこの言葉が嫌い。
だって、この手のセリフを言う人は、本当に相手を信じてなんかいないもの。

相手をちゃんと見ていないから。事実から目をそむけて「都合のいいこと」ばかりを信じようとしているだけだから。

この手の人は、私は一切信用できない。
「信じていた」んじゃないでしょう?
自分に都合よく「信じよう」としていただけでしょう?

どうも、最近多くの人が、客観的事実による「信頼」でなく、単なる感性だけの「盲信」をしているように思います。

……実際、「本当にできる」なんて信じていたんですか?
もし信じていたというなら、ただの「バカ」じゃないんですか?

状況を冷静に見つめていれば、現在の被害状況を完全に改善など不能で、せいぜい1/2から1/4まで被害を縮小するのが精一杯というくらいは、予測できるでしょう?

それを、今になって「騙すなんて」という。
長妻議員も嫌いじゃないけど、本気で言っているのですか?
たとえ民主党が政権をとったとしても、本当に「できる」と思っているのですか?

事実を見つめず、都合のいい夢妄想に踊るのはいい加減やめにしてくれませんか?


ああ、もう精神的に落ち込んでいるけど、さらに落ち込ませるような世の中だな、ホントに。
今日は、文章もまともにまとまらない。 終わる。

「人間ってやわらかいんだなぁ」2007年12月21日 01時24分52秒

って、プライベートライアンからそんな事考えて、やわらか戦車にたどりつく。

ラレコさんすげぇ。
人間の感性ってすごいなぁ。

で、この方、35歳同年代というところがなんとも。
やっぱりこの世代は発想がまともじゃないのか?
(自分も含めて)

でも、OPの「どよめき」は納得。

『ラレコだ、ラレコだ。アレがラレコか……』
いや、確かにみんなそう思うな。謎の人だったし。

でも、見て納得。確かにラレコだ。

まあ、やわらか戦車のアクセスが今晩あたりは非常に伸びていると思うので、今日アクセスはしないけど。

気がつけば12話まで行っていたのか。
一回、回収に行かないといけないよね。

ちなみに、私、「やわらか戦車」歌えます。ソラで。

このブログを見ている人や、同業者、何人ぐらい知っているんだろう?
知ってみたいなぁ。

NHKもよく取り上げたもんだ。
と思ったのだけど、よく考えたらプロデューサーも同年代なのか?

なんだろう、30歳代の感性、楽しいよね。

自分もその少しにかかってると思うとさらに楽しいし。

UFOは未確認だからUFOなのだよ2007年12月21日 01時39分27秒

石破防衛相もUFO論議、自民総務会長「いい加減にしろ」
12月20日20時38分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071220-00000214-yom-pol

このUFO論議を空想として片付けるのはいかがなものだろうか?

実際、本気で生物学や物理学を行っている人からすれば、「地球外生命体」等の存在について『いない』という人はいないし、「人間文明が最も進化した文明」という人もいない。

固定観念と近視眼的視点しか持たない人だけが「否定論者」なんだよね。

国防という概念から言えば、外から領土内進入してきた物体に対して、どのように対応するか考えるのは当然。

これは、相手が人間であってもまた動物であっても、それ以外の存在であっても考えるのは当たり前。

”動物について考える必要があるのか?という人もいるだろうが、その動物が「疫病」等にかかっていて、そのウィルスによって、国内に多大な損害が出る事が予想される場合なども「国家的危機」として国防対応をはかる必要があります。”

だから、UFOであっても考えるのは当然。

……ところで、UFOって「『未確認』飛行物体」だからUFOなので、正確に確認しているはずがない。

確認していたら、それは「航空力学以外の方法による飛行物体」であって、すでにUFOにはならないのだが。


後、毎日新聞の記事が良くわかりません。

<UFO>「存在確認せず、飛来検討せず」政府が公式見解
12月18日19時19分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000098-mai-pol

1.「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定した。
2.町村信孝官房長官は記者会見で「個人的には絶対いると思う」と述べ(た)

この二つの内容から、
『公式見解と「対立」する見方を披露した。【坂口裕彦】』

という結論はありえないのだが、どういう論理なんだろう?

「存在を確認していない」 だけど 「絶対いると思う」

は、『事実』と『推論』であって、しかも前者の事実は後者の推論を否定する根拠となりません。

なのに「対立している」と書いている、この記者。
論理学(文章構成)をきちんと抑えていないのでしょうか?
それは、新聞記者として問題があると思うのですが。


ちなみに、生命起源についてはこんな説もある。
「パンスペルミア仮説」
『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
「生命の起源」内記事
2007年12月21日1時(日本時間)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90#.E3.83.91.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.83.9A.E3.83.AB.E3.83.9F.E3.82.A2.E4.BB.AE.E8.AA.AC
この記事を多くの人に読んでもらいたい!!そう思ったら『人気ブログランキング』押してください