この記事を多くの人に読んでもらいたい!!そう思ったら『人気ブログランキング』押してください

代理出産はSF世界で言われつつけた問題2008年03月01日 00時37分31秒

<代理出産>実母が娘の子を産む
2月29日20時28分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000123-mai-soci

この問題は、色々な問題を含んでいるのですが、
「代理出産」というから、ややこしくなっているが、この手の話は「SF世界」では古くから題材として使われ続けています。

逆に言えば、今まで「SF」とバカにしてきたツケが回ったともいえます。

単純に事実を整理すると、
まずは「体外妊娠」「体外出産」を認めるかどうか?
ということになるでしょう。

まず現状の妊娠・出産をまとめると

「受精行為」があり
「受胎行為」があり
「胎児の育成」があり
「出産」がある。

この4点の流れがあります。

まず、「受精行為」ですが、

これは、今の社会においては「体内」である必要はありません(俗的にいえばセックスを伴わなくても構いません)
実際、体外受精・試験管ベビーという考え方が成り立っている以上、納得できる話です。


次に「受胎行為」から先の話です。

ここが今回のポイントで、今までは「本人の子宮に受胎させる」事が前提でした。
しかし、これが、新たな思想では「本人以外の子宮でも構わない」と考えるようになった。

今回の一件の本質は、この違いだけです。

さて、どっちが正しいのでしょう?
私としては「どちらでも構わない」と考えます。

実際、技術が進めば、「人間の胎内」という条件すら超える可能性があります。
いわゆる「人工子宮」という話です。

これが「不可能だ」という事はできないでしょう。
『体外受精』自体、数十年前には「不可能」と考えられたことです。

技術が進歩すれば、可能性はいくらでもあります。

-----
ただ注意しなければいけないこともあります。

「体外妊娠」を認める、という事と「親子関係」を認めるという事は「違う」という事です。

法律上の「実の母子関係」とは、
遺伝子上の繋がりだけを指すのでしょうか?
それとも「受胎・出産行為」による繋がりを指すのでしょうか?

ここをクリアしないまま、代理出産をしている事に問題があると考えます。

今の日本の法律では「受胎・出産行為」によって母子関係が成立するとしています。
逆に言えば「遺伝子関係のみ」で「母子」という事は許されないとなっています。

今まで、一体化していた、「遺伝子関係」と「出産関係」、これを切り離して考える必要が来ているという事です。

さて、皆さんはどう考えますか?

ちなみに私は
「親子(実母子)関係」は通例どおり「出産」によって判断すべし。
という考えに立っています。

そして、体外出産については、新しい制度である以上
「体外子」という新しい括りを設定し、「実子と同様の権利を与える」等の法整備を為せばよいだけだからです。

実際、「出産子」と「体外子」は、色々な事を想定すると非常に異なる事例が発生する事が想定されます。
これを無理に「実子」と一括りにしようとする。

ここに一つの問題があると考えます。

----
しかし、体外受精に体外出産…

もうすぐスーパーコーディネーターが生まれるのですね。
もうすぐ「アーヴ」が生まれるのですね。

もうすぐ「量産型芝村」ができるのですね。

……すっげぇ。

「被害者側の気持ちを考えて」というけれど2008年03月05日 00時07分47秒

だからと言って、「自主制裁」を認める事だけは絶対に許せない。


大阪・淀川殺人の被害者いとこ、法廷で被告少年ける
3月4日21時55分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080304-00000058-yom-soci

確かに、被害者側のやるせない気持ち、怒りに駆られる気持ちは判ります。
(いくら書いたところで「上っ面で」と批判するでしょうが)

だけど、どんな事があろうと「自主制裁を許す」ことだけは認めては駄目です。
地裁も暴行容疑での告発を検討しているということだけど、これは「告発しないと駄目」な案件でしょう。

一般の人の反響ですが、この件を扱っているブログやコメントの多くが、「被害者側の事を考えれば当然」だから「許せ」となっているようです。


ですが、私は断固反対です。

「被害者はかわいそうだから」「被害者側が多少オーバーに攻撃してもいいじゃないか」という考えは「公平な」裁判という前提そのものを崩すからです。
そしてその考えは、今後の裁判員制度にも関わってくるからです。

これ以上は、ちょっと心が乱れていてまともに書けそうもないので止めますが、
どんな事があろうと、「自主制裁」を認めてはならないでしょう。
特に「裁判所で」などと言う事は認められません。

それは、「裁く事」の重さを軽んじる行為だからです。

この間、「それでも僕はやっていない」という映画がTVで放映されました。

アレが事実で、あのような裁判がまかり通る。
それが今の日本の司法の実態です。

その中で、さらに「被害者偏重主義」が進み、「多少加害者に殴りかかったって仕方ないことだろう。だから許してやれよ」などとなる。

さらには「裁判員」自体が、最初から「被害者の味方」と偏った意識で裁判に参加する。

そして「検察が被告としたんだから犯人に違いない。被害者の事を考えて被告を裁いてやれ」と偏った判決に走る。

そうなれば、「公平な裁判」などもう存在しなくなります。

公平でない「法律運用」。
その先に、自分がその法律に巻き込まれる事がないと思いますか。


私は新潟県弁護士会が、裁判員制度を数年間延期するよう、求める決議をした事に賛成です。

このような事件が起き、それを許すような国民性の中で「まともな裁判」など望めないからです。

和田アキコの馬鹿さ加減はいつものことだが2008年03月09日 12時48分38秒

私は和田アキコがあまり好きじゃない。

まあ、歌自体は「それなりに」好きなのは多い。
ただ、これだって「歌」自体がいいのであって、和田アキコの能力とはあまり関係が無いのだが。

それを最近「ご意見番」だとかで調子に乗って、「私はモノを言える偉い人間なんだ」と勘違いしている。
これが、鼻につくのはいつものこと。

おだてあげるマスコミもマスコミだし、調子に乗る和田アキコも和田アキコ。まあ、あの手の人間がどうであろうとどうでもいいので、別に気にしてなかった。

が、今回だけはちょっと話が違う。

それは、今日のアッコにおまかせの話。
暇だったのでチャンネルを変えていたところ、ちょうど今週の話題のお話で、バラエティらしく面白おかしくとりあげているシーン。

問題は、小桜セレナの巨乳無罪裁判のところ。

この事件、被告となった小桜セレナが「胸が大きすぎて、損害状況の侵入口からは侵入できない」という事実によって、証拠能力が崩れ、無罪判決を得られたという、マスコミうけする小さな事件(失礼)だった。
小桜セレナ側としたら、「嘘の証言」


和田アキコは、相変わらず「だから?」とか「あなたの年齢詐称の方が偽証じゃないか?」などというバカにした発言。

ふざけるな。

日常やタレント活動で嘘をつくと言うことと、嘘をついて犯罪者とされる事を同じ扱いで考えるな。

1審で有罪となったが、2審で無罪。

このような状況では、
「無罪が正しく、有罪となった事が間違い」ということであって、
しかも「有罪とされたことで人生を壊された」という事実がそこにある。


これを、否定し馬鹿にする。

何様のつもりなのだろう。

自分が、ご意見番だと思い上がっているのはいつもの事だけど、この、あまりにも常識が無いことと、底が浅い姿に、見ていると怒りしか感じない。

しかも「蹴破ったのは蹴破ったのだろう」と、無罪が出たにも関わらず犯罪者のように扱う。

「蹴破り侵入した」という『目撃表現』が基礎「証拠」であったのが、「侵入した」という事実そのものが否定。結果、証言の信憑性が否定されたので「証拠なし・無罪」となった事を、裁判官でもないのに、テレビという大きなメディアで、「侵入したのがなくても蹴破ったんだろう」と、あいも変わらず「「犯罪者扱い」
のまま暴言を吐き続ける。

これは、あまりにも不謹慎だし、裁判そのものを馬鹿にした行為だと言う事をまったくわかっていない。


結局、和田アキコは、この手の思い込み発言が「冤罪事件を呼ぶ」ということを全く理解していない。

「虚偽告訴をされ犯罪者とされ、様々な仕事に支障をきたした」
小桜セレナは被害者でしかない。

この事実を前に、「お前はやっぱりやったんだろう?」などという。
これが、和田アキコの感覚という事実。

こいつを「ご意見番」と位置づけるマスコミ。

もう駄目駄目じゃないか。

(私自身、小桜セレナについては、この事件が出てくるまで全然知りませんでした。
が、それでも「無罪」となった以上、その人はどこまでも「裁判被害者」であって「無罪だけどやっぱり犯罪者」などという愚かな認識は持ちません。

それが、「法の下のルール」ですから。

でも、和田アキコのような馬鹿な意識の持ち主の方が多いのかもしれませんね。
「裁判にかけられたのだから、そいつが犯人なのだろう」という。

それこそが、有罪率99.7%の悪夢の根源であって、日本が「司法後進国」といわれる所以なのですが。

しかも、その意識のまま始まる「裁判員制度」

きっと、日本では冤罪がさらに増えていくことになるでしょう。


参考:小桜セレナのブログ Mon, Mar 3, 2008
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/serena_kozakura/


…あまりにも腹が立つので、ちょっと文章がまとまらない。
だけど、この馬鹿と同じような考えが、日本人の意識だとしたら、私は悲しいです。
この記事を多くの人に読んでもらいたい!!そう思ったら『人気ブログランキング』押してください