この記事を多くの人に読んでもらいたい!!そう思ったら『人気ブログランキング』押してください

これが、日本の国家的陰謀のすごさだ!!2008年08月06日 10時48分40秒

中国でもメタミドホス中毒=天洋食品製ギョーザで
8月6日9時38分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000041-jij-soci

「天洋食品」回収ギョーザ、中国で中毒…現地混入が濃厚に
8月6日(水)3時5分更新 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080805-00000061-yom-soci
----

これは、日本の陰謀だ!!

中国人がこんな事をするはずがない!!

中国国内で流通しているギョーザに、警戒厳重な中国国内の施設で、日本が遥か海を超えた場所から毒を混入したんだ!!

日本人ならそれくらいするに違いない!!

日本の技術力ならそれくらいできるはずだ!!

-----
ぜひ、中国には、こういう風に公式表明してほしいなぁ。(笑)


なんか、その時点で、日本が世界を制圧できる事になりそうだし。

すげぇ、日本ってテレポーテーションとか、遠隔地からモノを動かす技術とか、そういう超科学を開発してたのか。

『日本の技術は世界一ぃぃ!!!』ですかね。
さすが、ジャパニメーションの国。

----
まあ、冗談はともかく。
あさってからオリンピックだというのに、ここでとどめがコレとは。

……って、一応、これで打ち止めだよね?
明日になってから、また「どっかで暴動」とかないよね?

ホントすごいよな、中国って。

車庫証明には使えないだろう…2008年08月06日 13時46分32秒

ラブホテルから芸能人の自宅まで グーグル「ストリートビュー」
8月6日10時41分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000924-san-soci

グーグルアースの発展版。

グーグルアース自体は「上から見た写真」しか無かったものを、「マップ」では「横から見た写真」を加えて、バーチャルに再現したもの。

…なのはいいんだけど、「写真」に人や家の中までが写っているレベルを載せちゃうのはちょっと限界超えるかもね。


で、ちょっと確認。

------
……これ、無茶苦茶問題ないか?

ウチの「団地内道路」を通行中の写真がある。
公道上ならある程度大丈夫かもしれないが、ウチの場合「団地内」であって、その「団地内道路」は公道じゃない、あくまで「私道」。

このエリアについての「写真の撮影および公開許可について」は、本来、一般道とは違う扱いになるだろうし、元々「居住者および関係のある人間以外」立ち入り禁止となっている「団地内通路(道路)」のはず。

関係ない人間が、勝手に団地内を通って写真を撮り、さらに公開するというのはどうだろう?

>同社はあくまで、誰もが目にできる公共の風景をネット上に再現しただけ、とのスタンスで、これらの場面も公道を走る専用車から流し撮りした際たまたま写り込んだものという。ただ、プライバシー侵害の批判を避けるため、個人の顔や車のナンバープレートなどに画像ボカシ処理を行い、加えて、不適切と感じたユーザーが直接、改善点などを“通報”できるシステムにしている。

いや、公道じゃないから。
しかも入り口に「関係の無い人の立ち入りを禁ず」って堂々と看板かがけてあるから。(っていうか「ビューにも写っている」し)

本気で、喧嘩売ってもいいかな?グーグル。
社員、頭悪すぎるんじゃないの。

ちなみに、車庫証明には「使えない」というか、使い道が無い。

車庫証明の時に必要なのは、今現在の「地図」だから、ビューなんて意味が無さすぎ。

-----
実際、すでに海外では訴訟を起こされている模様
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20370880,00.htm

>「問題の解決に、訴訟という手段が用いられたのは残念だ。ユーザーが画像の削除方法や、申請を促進する使いやすいプロセスを知ることができるよう、YouTubeの動画などを通して、目に見えるツールを提供している」

「削除できるようにしてある」から大丈夫。というのがすべてを物語ってますね。

『勝手に人のプライバシーを侵害して写真を公表する』事に罪の意識を感じていない。という、最初の段階でレベルが低い事が一番問題なんだよ!!

「後から回収したのだから構わない」といって、欠陥品を売りつけた事を反省しない奴らと根っこが一緒だな、ホントに。

----
追記:皆様、徹底的にネットで色々曝してください。

「プロダクトマネージャー:河合敬一」その他、グーグル関係者各自の自宅『近辺』が写っている公道からの写真他。

>「法律的に検討した結果、公道から撮影したものであれば、基本的には公開して構わないと考えている」

『報告用のページでは、プライバシーに関する画像として「人の顔」「ナンバープレート」「自宅」といった項目が設けられており、自宅の画像が公開されたくないという要望についても、メールのやりとりなどで確認が取れれば対処していくとした。』

----
なら、自分の自宅や家族(子供がいるなら子供が行っている学校)その他色々公表されても問題ない、と言い切る覚悟はあるという事でいいよね?

まさか「自分達は例外的にプライバシーがある」なんてふざけた思想は持っていないよな?

ふざけるなよ!!

戦力集中のためと思いたい!!2008年08月06日 18時59分25秒

代表選不出馬を表明=「コーディネーターに徹する」-民主・前原氏
8月6日15時16分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000093-jij-pol

この局面で、前原の撤退宣言。

「だれか小沢の対抗馬がいて、その人に戦力集中するため」なのだろうな、たぶん。

>代表選終われば結束=民主・前原氏
>8月5日20時38分配信 時事通信
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080805-00000193-jij-pol
>
>9月の代表選に関し「投票が終わったら、自公連立政権を早期に衆院解散・総選挙に追い込む。代表選をやったら(党が)空中分解するなんてことはない」

と、前日の公開討論会でいっているところから見ると、このまま「無投票3選」だけは絶対させないとは思うのだが。


そうすると、「反小沢衆を結束させるために引いた」と考えるのが筋だろう。

今、前原が引いた事で、今後、対抗馬を1人にしぼった時に、他に『自分も立ちたかった』という有力候補がいても、「前原が引いて支えたのだから」と、引きどころとして十分使えるしね。

……て、事は、前原陣営は「誰」にするか大まかに決まっているのだろう。

状況から見て、発表は10日過ぎか、それとも靖国問題の直後として15日以降。
15日が金曜日な事を考えると、

「17日の日曜日、朝~昼のテレビ出演をしている最中」というのが、線かもしれないな。サンデープロジェクトとかそのあたりに…。

これなら、18日月曜朝刊でラッシュかけれるしね。

10日の日曜か17日の日曜。この時に大きな動きがある…と予想しておこう。

※オリンピックの日程見た。17の日曜がうまく空いている。
10日が開会式後最初の日曜でオリンピック特集を組んでいる事から考えると、17日の仕掛けが、確率的に一番高いと思う。

後、「10日あれば」対抗馬同士の調整も終了すると思うから。

……やっぱ、この線だと思うんだけどなぁ。

事情通の人に聞けば、何かわかるかもしれないけど、
そこまで首突っ込んじゃうと、こっちも大変だから、手は出せないし。

-----
前回記事
分をわきまえている、と思いたい ― 2008年07月13日 00時31分47秒
http://kusuriyasan.asablo.jp/blog/2008/07/13/3624460

払わない人が増えるのは当たり前2008年08月07日 17時54分42秒

<国民年金保険料>納付率63.9%…2年連続低下
8月7日10時59分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000033-mai-soci


……まだ63.9%も払っていたのか。

「国家がやっているから安心」と安易に考えたり、「国の制度だから仕方がない」と投げ出している人が結構多いのだろうな。

はっきりいって、年金制度。私は完全な反対派です。

こう書くと、「社会保障のために」とか「将来どうするのか?」、「もし何かあった時どうするのか?」という人がいます。

確かに、「国家による保障」は必要だと私は考えます。
ですが、それが「今の年金制度」である必要はありません。

「国家の社会保障」=「今の年金制度」と短絡的に考える人々。
ここにこそ、今の年金制度が破綻した原因があると思います。

ちゃんと「少子化問題」を考えれば、年金制度が破綻する事など、もう25年前から解っていた事です。

(というのも、私が、中学校の公民で「今は1人の老人を5人で支えているが、将来、私達が大人になった時は1人の老人を3人で支えるようになる」と習いましたから。
また、人口ピラミッドの崩壊によって、高齢者が多くなるバランスの崩れた人口構成になるとも習いました。
私は市立中学でしたので、全国どこでもこの話は習ったはずです。)

あの時点で、「5人で1人を支える制度」として作られた年金制度。
3人に1人になれば、当然、負担は増大し、ひずみが発生する事。
社会構成が崩れる以上高齢者対策が必要だというのは、中学生が学ぶレベルの『当たり前』の事だったはずです。

それを今まで、無視してきた。
無視してきて、ひずみが大きくなろうが目をそらしてきた。

その結果が「コレ」です。

しかも、今年金を貰っている世代の人間に、私は一番腹が立ちます。

目をそらしてごまかしていたくせに、自分達が老人になった瞬間、「当たり前」のように享受しようとする。
若い世代に負担をかける事が当然だと思っている。

「自分達が目をそらした結果」なのに、自分達は被害者のように振舞う。


ふざけているのですか?あなたがたは。


私は「社会保障は必要」だと思います。

でも、それは「次の世代」を助けるためのものであって、
少なくともバブルを招き、バブルをはじけさせ、社会を混乱させ、かつ何も考えずに目をそらして来た、今の50代以上の人々を助けるための制度は必要ないと思います。

しかも、現行制度で犠牲になるのは、若手20~40世代。

50代以上の人は、どこまで、社会や他の人々に迷惑をかければ気が済むのですが?

こう書くと、「今のお前達を育てたのは誰だと思っているのか?」とほざく人々がいるでしょう。

確かに、50代以上の人々が今の世代を育てたのだと思います。

今の、
バブルやその後の混乱も、今の社会不安も、政治不信も、嘘と偽装が当たり前のように蔓延している企業体質も、環境汚染も何もかも、

全部、50代以上の人々が熱心に作りあげたものです。


加害者が何を被害者面しているんでしょうね?

----
世の中、「今の若いモンは」と言って、若年層を批判する壮年・老人が結構います。

確かに「若年層にも問題はある」と、私も思いますが、少なくとも、ここまで社会を腐らせてきた人々と同じ考え方、腐らせた人が共感を覚える考え方を持っていない分だけ、社会にとってはマシだと思うんですがね。

---
あー、いかん、いつもより感情的になってしまう。
いつもより支離滅裂だな。

この話題をやると、「なんであんたらが被害者面してんだよ!!」って、一気にハラワタが煮えくり返りますから。ホントに。

初音ミク 著作権を根底から脅かしてる恐ろしい娘 22008年08月07日 19時54分59秒

初音ミク 著作権を根底から脅かす恐ろしい娘 ― 2007年11月02日 04時13分12秒
http://kusuriyasan.asablo.jp/blog/2007/11/02/1884551

さて、恐れていた事が現実に起き始めた。
「初音ミク(VOCALOID)の使用」は演奏なのか、歌唱なのか。

ボカロについては、クリプトンやヤマハ側は「演奏」と定義しているようなのだけど、ちまたでは、どうも状況的に難しい論争が起きているらしい。
(がくぽの話も含めて)

また、ネットで公開されている音源は、「譜面」としての公開なのか「楽器指定までを含む」公開なのか。これが実は問題になりはじめている。

ネット公開について、これが「譜面」としての公開ならば、自分の家にある楽器で新たに演奏する事ができるが、「楽器指定まで含む」なら音源に使われた楽器以外で演奏する事は認められない。

------
この問題は、今、ピアプロ掲示板などで波及している、
「原曲者が嫌がっている楽曲等の二次使用について」などにもからむ問題だと思う。

ニコでも削除されていて詳しい事情がわからないのだが、一応、問題となった人のブログをリンクしておく。

ただ、「どちらも」また「外野」も(特に外野のある集団が)今ひとつ理解ができていないために大混乱になっているので注意が必要です。

http://miku-challenge.seesaa.net/article/103901048.html
http://miku-challenge.seesaa.net/article/104241057.html
(一方側がメインであるブログなので公平性には欠けるかもしれませんが、ある程度経緯は把握できると思います。)

まあ、この話、
さらには「包括承認をしている場合、公表後に限定条件を加え公表を差し止め、回収を求める事ができるか?」という、単純な話も含んでいるのですが、それは置いておきます。

<当然できません。公表時までに「提示した使用基準」に適した利用をしている限り、その二次著作物は「正当な権利の元作成されたモノ」であり、その公表を後から撤回する事はできません。

これは、森進一事件を見ても解るように、
「今後歌わせることは認めない」と言う事はできても、すでに公表されたり公表予定として契約がすんでいるもの(在庫CD)などの回収・発売禁止を求める事はできません。

なので、原著作者の言っている事のほうがたぶん間違っている…のだけれどね。
実際に公開していたファイルと、改変禁止事項がどこまでを指しているのか解らないから、ちょっと何ともいえないが。

ただ、外野連中で「権利侵害をしている!!」って二次製作者側を、無知のまま責めている人が結構いるところが、一番問題だな。

…て、置いておくどころか説明終わっちゃったな。>
------

さて本論に戻りましょう。

前提ですが「作詞権・作曲権」と「実演権(演奏権・歌唱権)」は別物。
これが、第一です。

で、通常、「演奏」は「作曲」に対して「歌唱」は「作詞」に対して行使される実演権です。(主要部分は)

次に、ピアプロ利用者側も甘甘なのですが。(というか、今までの著作権法では今ひとつ想定していなかった状況でもあるのですが)

ピアプロで公開されている「音源」については、
これが「譜面の代わり」の創作物なのか、それとも「どの楽器でどういう音を出すか?」という細かいところまでを『使用楽器を指定した』創作物なのか?
作曲者の権限範囲についての定義が、今ひとつしっかりできていません。
そして、これが実は混乱の大本です。

何の事か解りづらいかもしれませんが、

ある「音源ファイル」を手に入れた時、

これを「譜面」としてだけ捉えるなら、もし流れる主旋律がピアノであったとしても、自分がこれを「シンセサイザー」で弾いても問題はありません。

しかし「楽器指定まで含む」、とするなら「主旋律がピアノ」と指定されていれば、「ピアノ以外で主旋律を演奏する事」は認められません。
(翻案権(アレンジメント)侵害になる)

------
なんでこんな事をいうのか?というと

ここをしっかりしておかないと、「VOCALOIDをあてる」行為の説明が難しくなるからです。

----
さて「ボカロを当てる行為」これは演奏なのでしょうか?歌唱なのでしょうか?

もし演奏なら、
・元音源が「譜面」としての提供なら、ピアノやギターの代わりに「ボカロ」を使って演奏しても問題はありません。
・「楽器指定も含む」のであれば、ボカロをあてるのは「曲の改変行為」になります。

「歌詞がある場合」はさらに複雑怪奇。

----
「歌詞」に「ボカロをあてる行為」が成立するのか否か?という問題が発声します。

これが『歌唱』になる。(楽器使用行為にはならない)
・歌詞・および曲に対して使用許諾が必要にはなりますが、「曲の改変」をしている事にはなりません。

歌詞どおりに「ミクに発声させる」事は『演奏』になる。
・元の曲提供が、「譜面」提供という解釈であれば問題なし。
・「楽器指定」も含む提供ならば、指定以外の楽器使用(ミクの追加)が「翻案行為・編曲行為」に当たります。

この場合は、「歌詞に対する権利侵害は無い」のですが、それぞれ曲に対しての翻案権行使になります。

また、さらにボカロ版とインストゥル版が両方公開されている場合はもっと複雑です。
※これは長くなるので省きます。

ピアプロだと、単に「改変不可」と書いてあるものが多いのですが、「音源(ファイル)として改変不可」という意味で使っているのでしょうが、これが「音の構成(指定楽器音色まで含む)」だと「ピアノの方がいい音になりそうだからピアノで弾きたい」という人に対しても、「この通りの音色でなくては駄目」と言う事になりますし、さらに「ミクを当てること」も認めていない事にすらなります。

------
難しくて解らないという人は、次の事を考えてみてください。

ある曲Aがある。これにXという歌詞が存在する。

この時、ミク(VOCALOID)を使って
(A+ミクでXを発声したような表現)のBを作ったとする。 

この時、Bは Xという歌詞を「使用した」曲になるのでしょうか?
(そもそも『楽器による演奏』で「歌詞を使用する」という事が可能か?)

それとも単に「Xもどきを当ててAを改変した」事になるのでしょうか?
(この場合、Bという曲は「まだ歌われていない」事になります。)


☆(A+自分でX歌唱)ならば、歌詞を使用した(歌唱した)事になります。


次にBを手に入れた人が

Bに新たにリン(C)を当てて
(B+C)を作った場合。

この場合
Bに新たにCという「楽器を加えた」翻案になるのか?

さらに、
BだけでなくAも公表している場合、

1.(A+他のVOCALOID) で録音する事は「Bの改変」に当たるかどうか?

さらにさらに、ボーカロイドそっくりに歌っている場合(一般的にボカロ晩と区別がつかない場合)
それを「歌唱行為」と認めるなら、ボカロ版とそっくり版との違いはどこまで認めるのか?

などなど、考える事はいっぱいです。

他にも

・Aという曲に合わせてX、Yという詞がある
原曲者はXを使って A+ という曲を公表した。

この時、Aに合わせて「他の人が勝手にYを当てて」
Zという曲を作った。

この場合、Z製作者はAの権利侵害をしたのかYの権利侵害をしたのか。
これも「ボカロ」が「演奏」なのか、「歌唱」なのかで真っ二つです。

演奏なら、Xという「演奏」ををYという「演奏」に変えた事になり「Aの改変」。
歌唱なら「Y作詞者に対する権利行使」

全然違います。

-----
……何か、読んでいるうちに訳がわからなくなってきたと思います。
大丈夫、安心してください、書いている本人が一番訳がわからなくなってますから。


まあ、色々まとまりもなく書いているので、とても解りづらいかもしれません。

ただ、一番根っこの問題としては、

「歌詞表現(言語表現)」を「ボカロで表現する事」
これは「言語表現」(歌唱行為)なのか「音の表現」(演奏行為)なのか。

これが、すべての発端といえるでしょう。

しかも、もしこれが「音の表現」とするなら、どんな歌詞を曲に当てても「作詞者の権利侵害にはならない」(単なる空耳扱い)。というとんでもない事になります。
「ボカロを当てている」限り、作詞者に対価を払う義務がなくなる可能性があります。
(「歌詞に近い音」を表現しているだけであって、「歌詞を使っている」(歌唱している)事にはならないから)


もし「言語表現」(歌唱行為)と認めるなら、「ボカロは歌手」という事で「歌唱とは何か?」という前提自体の再定義。


ボカロがどんどん進化していって、しかも他のヴァーチャル音声システムが発展している今の状況。そろそろ本気で考えないといけないのだけどね。


実際、ナビシステムや駅の案内でも、今は「フレーズ」をサンプリングしているから「音声」でいいのだけど、これをボカロ等のシステムで作った時、今後「音声案内システム」になるのかな?それとも「音楽等による案内システム」(交差点の「とうりゃんせ」など)の扱いになるのかな?

似たようなモノだけど、実は全然違うからなぁ。


……というか、今、この定義が無茶苦茶だから、「ボカロで歌わせてみた」も大混乱になっているのだけどね。

……で、今、思ったけど、「アイマスキャラでボカロ」作ったら、さらにMAD系大暴発しないか?しゃれにならなくなるぞ。

-----

さて、色々書いて混乱してきていると思うが、収拾がつかなくなりそうだし、ここだけで話がまとまるものでもないだろう。


……なので、そろそろ決めセリフでごまかそう。


「あら、おやつの時間だわ」(by mothy)


  ……だから、人のセリフをパクルのはやめろ…と。 orz

-----
リンク先、そのうち削除するって言っているけど、この問題は是非残しておいて欲しいなぁ。
重要な過渡期の問題を含んでいるから。

---------
---------
2009/07/27
「解りづらい」という人もいるようなので、端的に書けば

「曲を演奏する事」はできる。
「歌詞を歌う事」もできる。

では、
「『曲』という音楽表現 を『声で表現する事』」はできるのか、
「『歌詞』という言語表現 を『楽器演奏する事』」はできるのか?

と言う問題。
「音楽」は、”ボイパ”でもタップでも、「音」であれば、どんな音でも”表現方法”として古来から認めてきているが、

『歌詞を楽器演奏できる』と言う事は、
『楽器』でも”言語表現”ができると、新たに認める と言うこと。

「音による言語表現とは何ぞや?」という根本定義が、技術進歩によって変わる時が来た、という事。
この記事を多くの人に読んでもらいたい!!そう思ったら『人気ブログランキング』押してください