この記事を多くの人に読んでもらいたい!!そう思ったら『人気ブログランキング』押してください

袖ヶ浦団地まいぷれ図書館に行ってみた。2014年01月28日 17時57分05秒

袖ヶ浦団地まいぷれ図書館
著者:久繁哲之介「商店街再生の罠」ちくま新書 を読んでいたら、袖ヶ浦団地に民間図書館があるということなので、行ってみた。

 といっても、コミュ障に近い自分なので(この職業でそれはどうか思うが「無駄話」ができない性質なので、何の気なしの会話というのができない)ちょっと覗いただけで、そそくさと逃げ帰ったのだが。

 で、図書館は近所のコミュニケーションプレイスになっているというのは本当らしく、入って棚を見ていると、話が聞こえてきた。
 どうやら今日の読売新聞で記事になっていたらしい。

 ということで、帰って読売新聞を確認することに。

 実際、くらし面の「生活調べ隊」で取り上げていた。

 NPO法人「情報ステーション」が運営しているそうで、船橋市内を中心に活動しているらしい。http://www.infosta.org/index.html

 とはいえ、見てみると幾つかは閉鎖しているところもあるようで、試行錯誤の繰り返しといった感じなのだろう。

 袖ヶ浦団地商店街は完全なシャッター商店街で、再生も難しいかと思っていたが、新しい取り組みとしては面白いのかもしれない。
 袖ヶ浦団地自体がリフォームして、新しい街づくりを模索している段階なので、うまく行ってほしいものだと思う。

この時期になると思い出す作品がある2013年08月09日 21時02分53秒

 「夏の葬列」という作品だ。

 学校の教科書で読んだだけの作品だが、「最後の授業」と共に私の心に刻み込まれている。

 銃撃によりゴムマリのように宙を舞う白い服の少女。

 暑い夏の蜃気楼のような記憶の中で正確な文章も判らないながらも、なぜかこの情景だけはすぐに想像できる。教科書で読んだだけなのにもかかわらず。

 彼が正しいとも間違っているともいえない。その瞬間にそれしか選べなかった、ただそれだけのことでしかない。

 ただそれでも、この悲劇は戦争の悲惨さを感じさせるには十分すぎるだろう。

 調べてみると、夏の葬列はただ一度だけ私が生まれる前にTVドラマとして放映されたことがあるそうだ。

 一度、映像で見てみたいと思うが、その反面、心の中で思い浮かべるだけで十分だとも思う自分がいる。

 感想も解釈も何も難しいことはいらない。
 ただ、あの場面だけを思い浮かべればいい。

 それだけで十分だと思う。

-------------------
「夏の葬列」 山川方夫

明日、8月6日は大切な日です2013年08月05日 20時20分15秒

……なぜなら


「ハムの日」だからですっ!!


……あ、石投げないで、ホント。


いや、確かに広島に原爆が落とされた日というのは知っているよ、当然。 痛ましい出来事だったと思いますよ。

でも、その事だけで8月6日が語られるようになっていては、「6日生まれ」の人も「6日」という日自体も可愛そうだと思うんだな。

だから、8月6日を「原爆以外」で語ることも大切だと思うんだよね。やっぱり。

なので、大きい声で言いたい。


「8月6日」はハムの日です!!

乙武ブーメラン2013年05月22日 15時13分38秒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130521-00000027-rbb-ent
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130519-00000002-jct-ent


昨今、話題の乙武さん入店拒否問題。
自分もツィッターで色々書いているが、「乙武さん駄目駄目」という一言でまとまる。

http://ototake.com/mail/307/
「イタリアン入店拒否について」 乙武さん公式ブログより

 単純に言えば、謝罪ブログに見せかけて「自分はこんなにひどい対応をされた」で終始している。「自分達側が店にひどい対応をした」可能性についてはまったく無視して、だ。
 特に女性が店舗でどのような対応を「した」のかを無視し、「彼女が泣いて帰ってきて報告した」内容をもって、店側に対し先入観を持った対応を行っている。

 知人だから正しく対応しているだろう、正しく対応できているはずだ。という「身びいき」で始まっている。

 はっきりいって、「泣きながら降りてきた」興奮状態の時点で、「彼女が冷静に適切な対応をした」などという事は疑ってかかるべきだろう。
 冷静に適切な対応をしていたら「泣き出す」などという事は無いのだから。
 しかも、
>女性ならではの感性かもしれない。このやりとりに傷ついた友人は、泣きながら階段を駆けおりてきた。僕は予期せぬ出来事に目を白黒させていたが、話を聞くうち、ひさしぶりに会った友人が、僕のせいでこれだけ悲しい思いをしてしまったことに、ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 この時点で、自分自身も「冷静さを失っている」ことは明らかだ。
 この状況で、乙武さんが「理性と常識あるコミュニケーション」を図れたかどうかと言えば、怪しいとしか言えないのではないだろうか。

 『相手が、理性と常識あるコミュニケーションを図ってくださるなら』と書いているが、自分自身が『理性と常識ある判断』を最初の段階で先入観なしで取れていたかどうか、振り返る必要があるのではないかと思う。

>はなから相手を小馬鹿にしたような、見下したような、あの態度が許せなかったのだ。

 彼女自身が興奮してお店にとった態度に「お店側を小馬鹿にした」ような可能性は無かった、と言えるのだろうか。

 「彼女の行動」の是非を確認せずに、一方的に店のみを批難するツィートを発した」

 これではクレーマーが自らの行為を省みず、他者を批判するのと同じだ。実名云々の問題もあるが、乙武さんの一番の問題行動はここにあったと私は考える。

----
なお、乙武さんは自書「五体不満足」において次のように言っている。

>もし 『自分は障害者だから優しくしてもらえない』 と言う障害者がいたら 『障害者だからじゃなくて あなた自身に問題があるんだ』 と言ってあげて欲しい。

 「乙武さん側に問題があるんだ」という発想に至らなかった点で、人とは自分の事については疎くなるということを、今回、乙武さんが自ら証明してしまった。

-----
追記:
 ちなみに、ツイッター・ブロク、その他外部の多くのコメントを読むと「店主と店員が運べば済む話、それぐらいして当然」という意見がちらほら見られる。

だが、 『不特定多数の客がいる』お店で『店主・店員が誰もいない』状況を十数分作ることに、『何も問題がない・当然』などと考えるのはどうだろうか?

 「平和ボケも過ぎる」と私は思う。

アメリカの日系人コミュニティ2013年02月19日 01時03分14秒

 海外において日系二世・三世によるコミュニティがある。ブラジル移民などよく話題になるが、他の国においても同様にコミュニティは存在している。実際、アメリカにおいては第二次世界大戦時に収容所にて隔離された話が映画などで取り上げられている。

 これらコミュニティを「歴史において」存在していたことを認識していたが、私は、彼らの後継者が今でもコミュニティを形成しているという事を私は失念していた。
 不勉強だったと言わざるを得ないだろう。

 今回、河野太郎議員がその事を言及している。

河野太郎ブログ「ごまめの歯ぎしり」
総理訪米と日系人コミュニティ 2013年02月18日
http://www.taro.org/2013/02/post-1311.php

 河野談話を始め彼ら親子についての考えには賛同できない点も多々あるが、しかしながら『対米外交において現地の日系コミュニティとの交流もすすめるべし』という考え方は傾聴に値する。

一度、読まれることをお勧めしたい。
この記事を多くの人に読んでもらいたい!!そう思ったら『人気ブログランキング』押してください